Hair Design Gram

福岡・博多 古門戸町 美容室 グラム

モンゴル

Posted on | 3月 11, 2014 | No Comments

モンゴル伊藤

 

20140307-143015.jpg

 

モンゴル雨水(gramのスタッフです。現地の方ではありません。)

20140307-143035.jpg

 

 

 

オルドス家(オルドスアイリ)。

住吉通りのサットンホテルの裏にあるモンゴル料理屋。

雨水といろんな国の料理が食べたいですねー。

という話が世界各地の文化を、食を通して学ぼうじゃないか。と発展し、

まずはモンゴルにしよう!

ということでやって来ました。

 

伊藤は暇そうだったのと美味しそうにご飯を食べる才能に抜群に長けているので誘いました。

 

20140307-143056.jpg

 

ラム肉の塩ゆで。

20140307-143106.jpg

 

パイ生地のようなもので炒めた肉をつつんだ餃子のような肉まんのような。

ミートパイかな。

と、スペアリブ。

もちろん羊。

20140307-143115.jpg

 

 

これなんだっけな。焼うどんに近いなにか。美味しかったな。

島根県(だったかな…)にもこれにかなり酷似した料理があるそう。

他にもラムの串焼きとか、チーズ焼き(蜂蜜がかかってて絶品。)も食べました。

もちろんメニューにはサラダなんかもあるんだけど元々モンゴルでは野菜はジャガイモくらいしか採れなかった

みたいで、他のもので栄養を補っているんだろうけど、土地にあった食のあり方、元来遊牧の民なので保存食との付き合い方なんかも面白そう。

ちなみにジンギスカン鍋は日本の郷土料理だそうです。

お酒は馬乳酒というマッコリの元になったといわれる飲み物が飲んでみたかったけれど(お酒といっても度数は低く赤ん坊も飲むみたい)、最近はあまり日本に入ってこないみたいなのでアイスコーヒーにウォッカがはいったものを飲みました。これは飲みやすくて危険。

ワインと乳をミックスさせたものもたまにあるらしく激しく興味をそそられたのだけどその日は無くて断念。

20140307-143135.jpg

看板娘のさくら。

店に入った瞬間から以上なテンションで魚の真似やら鳥の真似を休みなく繰り広げ

日本とモンゴルの距離を一気に縮めてくれる人懐こい友好大使。

 

 

20140307-143150.jpg

 

二時間以上店にいたけれど、さくらのおかげで笑いっぱなし。

20140307-143216.jpg

 

ひたすら踊る。走る。叫ぶー!

20140307-143236.jpg

 

馬頭琴も飾ってあります。

「スーホの白い馬」という物語読んだ事ありますか?

モンゴルの羊飼いの少年スーホと白馬のおはなし。

亡くなった馬が夢にでてきて「わたしの骨や皮やすじを使って楽器をつくりなさい。

そうすればいつまでもそばにいることができます」

といい、馬頭琴が生まれたという逸話です。

20140307-145002.jpg

 

ご主人と奥さんとさくら。

奥さんは日本がながいのでたくさんモンゴルの事を話してくれました。

居心地良すぎてそのまま寝てしまいたいと全員が思っていたことが判明。

 

20140307-145154.jpg

 

雨水は完全にモンゴルの方ですね。

お客さんに写真をみせたら、観光用のハリボテだと勘違いされてました。

名前をチャー・ハーンとかアッ・ハーンとかに改名したらどうでしょう。

 

 

kamohara

 

Comments

  • カテゴリー

  • アーカイブ