Hair Design Gram

福岡・博多 古門戸町 美容室 グラム

Posted on | 5月 12, 2015 | No Comments

唐津にいってきました。

といってもゴールデンウィークの月曜日なので

一週間以上たちますが。

快晴の唐津は空が広く、気持ちよさそうに錦鯉が仲良く風に踊っていました。

 

急かされることなく流れる雲と手をつないでのんびりと歩くお父さんと女の子

  

唐津城は威厳を振りまくことなく景色に溶け込んで優しくそこに在るような

 

老舗旅館 洋々閣にて

今回の唯一の目的は中里花子さんの器

なんだかご本人の前で器の写真を撮らせてもらうのが恥ずかしくて整然とした廊下を写したのみ

いつか泊まってみたいと思う素敵な旅館

日が落ちるとまた良い雰囲気なんだろうなあ


唐津城の藤は害虫被害で淋しい様子

雪駄を履き天守閣へ歩く僕に

涼しそうやねえ

と声をかけてくれた女性はここが毎日の散歩コースだそうで

ここは藤が咲いてなくてめ気持ちのよい空気があるんよ

と教えてくれました

なるほど、ちょうど光が差し込んで美しい陰ができてその奥で唐津の海を眺める人々。

皆清々しい顔をしているから、明日も明後日も、人気のない時も良い空気が流れるのだなと思った。

 

帰りは虹の松原を突っ切って。

道なき道を歩くのはワクワクしたけどすぐに方向がわからなくなり一時間近く林の中で迷子に。

30の誕生日前日に享年29歳の不吉な文字がひらりと頭をかすめる

木漏れ日の中で死にたいなんて思ったりもするけどできればもっと年をとりたい

百万回生きた猫の作者 佐野洋子さんはガンになって治療費が1千万ほどかかるといわれ、治療をせずに病院の帰り道にジャガーを買ったことを思い出した。

内心死ぬなんてことは思ってないし、一人旅にこれくらいのアクシデントは起こるもので楽しんでもいるが、なんとなく生きること死ぬことについて考えながら松林の中を足早にかけぬてたらそこはターコイズブルーの海。そこでイルカとジャックマイヨールの幻影をみた。

わけはなく団地の裏の駐車場から汗だくででてきた金髪の袴を履いた雪駄男と目があったおばあさんにギョッとされた。

すいません。

一年前は沖縄に三日間行かせてもらってみたことのない景色や文化、食事に歴史の一端に触れる機会をいただいて。

近場だけれどふらりと唐津に行って目に入るものが違うのはすごく栄養になるなあと。

海外も10年くらい行ってなくて行きたい国はたくさんあるのだ。

いつだったか中国の青島で働いている日本人の方が髪を切りにいらっしゃって。

北京や上海は急速に発展しているけど青島は何にもないんですよ

とおっしゃった

なんとなく中国の山々と白い髭をたくわえた仙人のような人物の絵を思い浮かべた。

なんてそんな極端なものではないだろう。

けど行ってみないとわかんない。行きたいなあと思った。

グーグルアースなんて無粋なことはしないで、ひとまず青島ビールを飲んでみた。

 

kamohara

Comments

  • カテゴリー

  • アーカイブ