Hair Design Gram

福岡・博多 古門戸町 美容室 グラム

髪飾り

Posted on | 6月 27, 2015 | No Comments

                                           金の羽根とマーブルリボンのバレッタ

矢羽根リボンバレッタ

コスモス和ロゼット

スミレピン

これは…磁石(笑)

砂鉄でできた髪の毛の方にはぴったりかもしれません。

少し重いですが。

でもこの鳥の髪飾りあったらいいなあ。

陶器やガラス、鉄などを素材にした素敵な髪飾りが欲しいです。

できるだけシンプルで形の良いもの。

ゆっくり探します。

そして髪の毛セットしたかたに勝手につけてあげようと思います笑

髪が伸びたら自分につけようかしらん。

 

かまはら

黒板

Posted on | 6月 26, 2015 | No Comments

  

あの外観ですから、パッと見た感じ美容室にみえないわけです。だからこの時期は窓も扉も開けっぱなしにして、髪きってますよー!シャンプーしてますよー!美容室ですよー!と道行く人々に猛アピール。

そのアピールの一端を担うこちらの黒板。

またに誰かが書きかえてます。

たまに目を向けてみると面白いかもしれません。

でも情報すくなすぎるよ信龍さん…

今回は料金もなく、営業時間のみの表記。デザイン重視!

料金はネットで調べやがれバーロー!

強気な姿勢です。

次女

Posted on | 6月 25, 2015 | No Comments

家出娘帰宅。二週間もどこをほっつきまわっていたのかしら。
体調は大丈夫そう。すこしスリムになりました。
ライザップ?

 

東京/ネオン/満員電車

Posted on | 6月 24, 2015 | No Comments

        

 

東京のネオンはかっこつけていて欲深くてまさに都会的で少し憧れた。

きっと耳を近づけるとジジジ….と身を焦がすような音が聞こえるのだろう。

 

満員電車の中で大きな揺れのなかで化粧をする女の子が居た。

太いアイラインを引いて、少しおおげさなつけまつげを、大きな揺れの中で表情一つ変えずに黙々とおこなっていた。

色落ちした金髪の根元は伸びていてだらしなくも見えた。

でもきっと彼女はこれから誰か(仕事かもしれないし友人かもしれないし恋人かもしれない)に会いにいくのだろう。

そのとき自分に自信の持てる姿で自分の一番の笑顔を見せるのだろうな。

 

またあるとき別の電車で若い男の子と同じ年くらいの女の子が隣で話をしていた。

「勉強も大事だとは思うけどさ、俺は寝る間も惜しんでクラブに行ったりとかしてさあ。俺は24歳になるんだけどいろんな人と知り合って世界を広げてんだよ。サラリーマンとか俺はすげえ尊敬するんだけど毎日同じことをやって家族養ってさあ。そういう人生も良いとおもうし、俺も家族が欲しいからね。でも今は長い人生のなかで本当の自分を探したいじゃん。自分のフィールドをさあ。それが自分の価値観になんじゃん?今が。だから俺は寝ないんだよ。」

自分の知らない世界の新しい価値観のように女の子はその話を聞いて男の子はまた話し続けた。

ほりの深い下品にならないくらいに浅黒い端正な顔立ちをした男の子ととびきり美人ではないけれど笑うと目尻に綺麗な笑いしわができる女の子。

満員電車は窮屈だけど大勢の「個人」を乗っけていること(集団ではなくて個人。高層ビルをみて、その中で働く人の個人のような)

夜のネオンは寂しげだけどしっかりと繋がり輝いていることを感じた。
蒲原 弘典

 

 

 

APARTMENT HOTEL SHINJUKU

Posted on | 6月 24, 2015 | No Comments

初日に泊まったAPARTMENT HOTEL SHINJYUKU

古物をシンプルに配置した空間

年代物の椅子やランプにテーブル。普段年代ものが多く集まる美容室で働いてるだけに大きな感動はないものの

いわゆるビジネスホテルの風合いのないこざっぱりした寂しげな空間ではなく妙に落ち着く。

この部屋以外にもコンセプトに沿ったいくつかの部屋が用意されているらしく

ロココ調というかロリータっぽい(甘過ぎないゴシックな雰囲気の)部屋もあるらしく

なにやら甘美な夢がみれそうなので(丸尾末広もしくは古谷兎丸的な)

次回はそちらに宿泊してみようと思う。

受付時間外にしかホテルに滞在しなかったためどういった方が働いてるのかいまいちよくわからず。

片目に眼帯をした不気味な笑い声の髪の長い巻き髪ぎみのくせ毛の中年男性だったりするのかな。

とおもっていたら。

さわやかな男性があいさつにきてくれました。

胸毛にドキドキしましたが。

 

このホテルに泊まったおかげで香港人の友人ができました。

彼は(お互い拙い英語での会話のためどこまでお互いのことを伝え合えてるかわかりませんが)携帯電話の部品かなんかをつくっているらしく日本が好きで沖縄や北海道に旅行に来たこともあって、今回は東京に漫画のNARUTOの展示を見に来たらしい。

ちなみに日本語は「大丈夫!」しか話せません。

彼とは一緒に新宿歌舞伎町ゴールデン街に行き、雨の中肩を組み互いの国のポップミュージックをびしょ濡れで歌いながら帰路に着くという素晴らしい体験を。

それはもう楽しくて。

ゴールデン街の若いお姉さんが

「ここは金持ちも貧乏人もゲイやトランスジェンダー(性同一性障害)だっていろんな人が生きていくうえでそれぞれに居場所があって、日本で最も都会で、最も懐の広い街なんですよ」

みたいなことを言っていた。

大好きになった。

  
人それぞれ方向性があることを許容できるというのは人口の多い都会だからなんだろうな。

もちろん田舎や福岡のような準都会も大好きだし住みやすいからそれぞれの良さがあって。

それぞれの良さがあるし、日本は狭いからどこにだっていきやすい。

世界もどんどん狭くなっていっているから、居場所をみつけやすくなっているのかも。

なんて話を香港人の彼にしたら「だいじょぶ!!」しか言わないから言語の壁は大きいです。

   

 

蒲原 弘典 

 

築地

Posted on | 6月 23, 2015 | No Comments

先日お休みを頂いて渡邊、又木、蒲原の三人で東京珍道中してきました。

専門学生以来二度目の東京で不安と恐怖におののく又木と30歳にして初めての上京いなかっぺ蒲原を

連れての渡邊はさぞかし大変だったと思います。(ありがとうございました)

初日は渡邊の知人の美容室におじゃまさせて頂いたり、原宿や渋谷、代官山、表参道などを散策しました。

夜は各自ホテルや友人宅に泊まり翌日築地で待ち合わせをしようと約束をしていたのですが

築地を福岡の柳橋連合くらいの規模となんとなく思い描いていた僕と又木は集合場所がまったくわからず

渡邊をなが〜く待たせてしまうというという失態。

にも関わらず快く顔ハメ(写真上)に応じてくれた渡邊の懐の広さよ(ありがとうございました)

 

築地の市場を縦横無尽に駆け抜ける未来の乗り物(又木談)に乗ることができて感無量の又木。

魚の残骸。というのも集まった時間が遅過ぎて(すいませんでした)

市場は閉まる直前。業者の方々の活気溢れる雰囲気は味わえずじまい(たびたびすいません)

祭りの残り香と戦跡の光景を感じれたのは良かったなあ。良い雰囲気。

美しい卵焼き。

いたるところに卵焼き屋さんがあって店ごとにちゃんと特色があり、卵焼き屋を巡るだけでも十分たのしめそう。初めてここまで卵焼きに魅せられました。

 

老舗のお寿司屋さんにも連れて行っていただきました。

トロ、スズキ、鯛、ウニ、トリガイ、穴子

職人の美しい所作と目の前に出される新鮮で甘美的な品々。

満たされた後は現代美術館にて希代の日本人モデル山口小夜子さんの展示へ。

一時恋するように資生堂のコマーシャルをYOUTUBEで何度も見返していた私としては

若き日の彼女の完璧な美しさとときおり覗くあどけなさにまた恋してしまいそうになりました。

  

 
 

蒲原 弘典 

 

なんて美しい世界 oh what a world

Posted on | 6月 22, 2015 | No Comments

ヴィヴィアンさんのお洋服

Posted on | 6月 22, 2015 | No Comments

ある日、お客様から段ボール数箱分のお洋服を頂きました。

長年お世話になっている美川さん家族。

母が若い頃に着ていた服をグラムの皆さんに着ていただきたいと思って。

とおっしゃってくださり。

スタッフ皆、たくさんの自分らしいものや、挑戦してみたい服を選んでみました。

そして先日、その洋服の持ち主であるヴィヴィアンさんが髪を切りにいらっしゃったときに娘のユキさんとモモさんと共に記念撮影を。

雨水は大陸系の顔立ちにベストマッチなチャイナ服を。

信龍は上品なストライプのロングスカートを。

伊藤は鮮やかな花があしらわれた真っ白のワンピースを。

蒲原は綺麗なブルーのシャツ。

渡邊は細やかな柄のシルクのネクタイを。

又木、椎葉、扇も彼や彼女たちによく似合う服や小物を身につけていました。

 

ユキさんとモモさんが、

「あーこれ(私たちが小さい子供の頃に)着てたねえ。」

なんて話を聞いたりすると、服が思い出だったりいろんなものを纏って時間を過ごしていくもので、その人自身であり、周りの人なんだなあと感じたり。

そうやって僕らの手に渡って。

その服を着て髪を切ったり、お出かけしたりして。

誰かに会って。

「その服いいねー。」

なんて言われたりするとなんかとても凄いことのような感じがする。

嬉しいな。

ヴィヴィアンさん。ユキさん。モモさん。

ありがとうございました!!

 

蒲原 弘典

 

化粧用オリーブオイル

Posted on | 6月 18, 2015 | No Comments

オイルパックやオイルマッサージ、メイクのクレンジング、肌や髪の毛の保湿…

と様々な用途でお使いいただける万能オイルです。

日焼けを促進されると思われるかたもいらっしゃいますが(僕もそう思ってました…)

オリーブオイルには若干日焼けを防ぐ効果があるそうです。
(といっても肌の日焼けが気になる方は日焼け止めクリームを併用されたほうがいいと思います)

髪の毛がパサつきやすい方はドライヤー前後もしくはどちらかの時に髪に適量を、付けすぎるとベタつく可能性があるので少量を馴染ませてしっかりコームやブラシで馴染ませてください^^

オリーブマノン 化粧用オリーブオイル

200ml 3990yen

30ml 1050yen

僕はオーガニックの製品や低刺激の製品でも顔につけると多少ピリッとくることがありますが、オリーブオイルはそれがないです。個人的な感想ですが。その点も信頼して使っています。

蒲原

Posted on | 6月 13, 2015 | No Comments

  

まる。

陶器のように白い肌の彼女にはルビーレッドがよく似合います。

暗い髪でも地味にならないように

明るい髪でも下品にならないように

明るさと色味の強さを調整しながら、その人の持つ雰囲気やキャラクターをイメージしてイメージしてイメージして。

想像力

例えば海を頭の中でイメージするのは簡単だけど、海の中で生活している魚のことまで想像できたら。

と思います。

わかりづらい笑

蒲原 弘典

keep looking »
  • カテゴリー

  • アーカイブ