Hair Design Gram

福岡・博多 古門戸町 美容室 グラム

島々

Posted on | 10月 16, 2013 | No Comments

20131016-170754.jpg

 

離島専門タブロイド季刊誌

「季刊ritokei(リトケイ)」

という、一見、かなり狭い範囲をターゲットにしていると思われる雑誌を買いました。

といっても数年前から瀬戸内海の直島で芸術を感じたり、島出身の人の帰省の話が面白かったり、近いところでいうと能古島でぼんやり。とか今更ここに書く必要もないくらい、島に興味のあるひとは多くいるみたいで(僕もその中の一人だったりするのですが)

最近は実際に移住したらしいという話もよくききます。

なのであながち狭い範囲でもなく、新たに興味をそそる可能性を考えると潜在的にはたくさんの人に読んでもらえるかな。

と思ってます。

 

「日本は島でできている

世界で6番目に広い海に浮かぶ、大きな5島と小さな6847島

小さな島には大きな島ほどたくさんのお店やモノはないけれど

今も昔もかわらない暮らしの知恵や習慣が息づいている

この新聞に集めているのは、小さな島々と人の営み

どんなに小さく遠くにみえても、そこは誰かの宝島

島々の営みにはこの国の原点があり

それはきっとわたしたちの原点でもある」

と1ページ目にあります。

 

数年前、豊島にいったとき地元の人たちの盆踊りに参加したことを思い出しました。

そのあと打ち上げにも行って、島の今までとこれからの話をきかせてもらったなあ。

あの島は急速な変化をよぎなくされた島だけど、だれでも盆踊りに招き入れる、あの感じはずっと残っててほしい。

 

表紙に豊島ものってした。

良いデザインです。

島に興味を抱かせるシンプルさ。

島にはグッとくる名前が多いです。

 

ちなみにstaffの伊藤亜沙美は佐賀の松島という小さな島に小さい頃住んでたらしいのですが、「松島の名前載ってました!地図にも載ってない島なのに!上に書いてある加唐島の学校の分校が松島にあって、そこに通ってました!」

と嬉々として言ってきたので、買ってよかったな。と思いました。

 

 

994893_359965080773865_1779333349_n

 

松島の海に浮かぶ伊藤亜沙美。

 

 

蒲原

 

KINFOLK 日本版

Posted on | 6月 28, 2013 | No Comments

20130625-174305.jpg

日本の美意識、文化、食、職人。

とても素敵な写真とともに丁寧に伝えようとしてくれています。

世界の中の誇れる日本といった感じでしょうか。

手染めの文化を紹介するだけでなく、
実際の染め方。
茶の文化とともに、抹茶の点て方。
桜を最大限に楽しむために、飾る、食べる、飲む、集う、祝う。
桜マカロンのつくりかた。

日本人が一番ほっとする食べものは?
という考察だったり、ことわざをテーマにした子供たちの写真だったりユニークな面も。

是非手にとってみてください。

20130625-174311.jpg

20130628-115158.jpg

写真は折り紙クラフトの桜の作り方。

根気はいるけど、枯れないので、毎日花見ができますね。

カモハラ

木をかこう

Posted on | 6月 11, 2013 | No Comments

gramの壁の外側に、
立派な木があります。

誰が望んだわけでもなく、知らず知らず生えてきました。

コンクリートの隙間から。

この時期は特に元気で、

ま、元気なのはいいんですが、緑が道路にとびだしてしまいます。

さすがにこれはいけないと思い、gramの庭師、雨水翔平がハサミを持って挑みます。

髪の毛よりも、何倍も太くて硬い枝に最初は大苦戦。

切ってはさがって、切ってはさがって、全体のバランスを確認。

このあたりは髪の毛とあまり変わりません。

コツを掴み、あっという間に仕上げてしまいました。

「木洩れ日カット」

だそうです。

キザですね。

20130607-122542.jpg

そういえば、お客さんが貸してくれている本に、ブルーノ・ムナーリというデザイナーの方の、「木をかこう」
という絵本があるのですが、
とても自由でユニークでやさしいんです。

木をテーマに絵を描いていく。
のだけれど、結果を示すのではなく、道筋だったり、それか、それよりもっと以前の想像の種のようなものが詰まっている気がします。

20130607-122550.jpg

是非読んでみてください。
楽しい気分になれますよ。

毛全書

Posted on | 3月 17, 2013 | No Comments

外科床屋であり、カツラ師、教区聖職者、学校教師、蹄鉄工、分娩医でもあります。(中略)
美しく成長されたお嬢様には白粉と羽飾りをおつけし、部隊や街区のランプに火を灯します。若き紳士にふさわしい母国語をお教えいたします。
グレゴリオ聖歌をお教えし、名人技で馬に蹄鉄をおつけします。
さらに長靴や短靴をお作りし、オーボエや舞踏をお教えします。(中略)
あらゆる種類の事務用品、家庭用リネン、香料入りパン、磨きブラシ、ネズミ取り、ヒモ、ジャガイモ、西洋ゴボウその他の野菜をお売りします

20130315-174739.jpg

はるか昔の床屋、美容師の祖先は髪を切る以外にも、歯を抜いたり、傷の手当をしていて、外科床屋と名乗っていたらしいです。

これだけでも凄いことですよね!

中には更にツワモノがいて、上のように、もはや何でも屋さんみたいになってる床屋さんもいたみたいです。

それも時がたち毛の手入れ以外できなくなりました。

当初は退屈床屋と呼ばれたそう。

確かになんでもやってしまう何でも屋みたいな床屋のエンターテイメント性からしたら退屈かも…。

何でも屋みたいな床屋が廃止されずに現代まで残っていたらどうなってたかな?
髪を切るのも医者の仕事になってたりして。

あんがい途上国みたいに路上で切るのが一般的になってたりするのかもなあ。

当時みたいに境界線があいまいだと、とんでもないスタイルの美容師いるだろうな。

移動型美容室は絶対ありそう。

髪の毛の売買も自由だったりしたらカツラ業界も変わりそうだし。

なんてくだらない妄想に浸れる本あります。

20130315-174750.jpg

目次凄いです。

毛の毛による毛のための本。

20130315-174803.jpg

とりあえず写真だけでも一見の価値あり。

20130315-174825.jpg

かわいい。

ただ書かれてる文章は髪の毛の色に対する偏見に満ちています。

20130315-174841.jpg

お椀型スタイル。

知的にみえますね。

20130315-174850.jpg

様々な部族、原住民の斬新奇抜なヘアスタイル。

温故知新とは良くいったものではるか昔のスタイルが未来へのヒントになるのです。

20130315-174907.jpg

このとんでもない髪型の中には大量の昆虫や寄生虫がいたそう。
エレガントな女性は一日中、頭を掻きむしっていたとの記述あり。

20130315-174917.jpg

北アラスカのエスキモーの女性。

暖かそう。

理にかなっています。アザラシだとか、肉食中心になると毛深くなるのかもしれません。

20130315-175022.jpg

うって変わって修道士の剃髪のさまざまなスタイル。

はなくまゆうさくを思わせるシュールなタッチがなんともいえません。

まだまだ紹介したいところは沢山あるのですが、なにしろ500ページに及ぶほどボリュームなので、是非gramにて手にとってみてください!

ちなみにこちらの作者のマルタンモネスティエさん。

他にもたくさん著者があるようで。

どれどれ…

食人全書、乳房全書、排泄全書、拷問全書にハエ全書…etc

変態ですね。

カモハラでした。

ちなみに僕は七年前にこの本を購入しましたが、一度も役にたったことはありません。あしからず。

Posted on | 3月 9, 2013 | No Comments

えっへんカット

くるりんカット

ジョコジョコカット

ぽっちりカット

もくもくカット

20130309-105321.jpg

はっぱカット

にょろりんカット

みかづきカット

どんぐりカット

独創的なヒゲスタイルが登場する。
おひげやチョボチッチ。

素敵な絵本です。

でも僕はほとんどヒゲが生えません。
頑張って生やしてもお客さんに、

「口になにかついてますよ(親切)」

「カビが生えてるみたいですね(悪意)」

と何度も悲しい思いをしました。

20130309-105331.jpg

こんな立派なヒゲが欲しい。

20130309-105343.jpg

こんな大根の輪切りみたいな人にもヒゲが。

20130309-105356.jpg

この人なんかヒゲの中で猫を飼ってます。
やりすぎ!

20130309-105404.jpg

ん?これはヒゲに似ている。

ツノゴマという植物です。

20130309-105412.jpg

威厳があるようにみえなくもない。

えっへん!

束の間の気休めです。

20130309-105418.jpg

トイレに行ったらこんな奴にもヒゲが…。

20130309-133945.jpg

おまけ 1895年頃に流行したヒゲ。

おしゃれな時代です。当時の方のヒゲに対する情熱が、様々なヒゲスタイルからみてとれます。

ちなみに5番のスタイルは、その名も
「ハエ」。

カモハラでした。

新しいアリヤとどきました。

Posted on | 2月 13, 2013 | No Comments

image

年三回発行されるている本です。

福祉施設で作られる製品や、福祉の活動を中心に紹介されています。

今回の表紙はかわいいカチューシャ。

福祉施設で商品を作る際に出る廃材を素材にしてアクセサリー作りをされている
「リボンヌ手芸部」さんの作品です。

手芸好きで趣旨に賛同してくださるかたなら誰でも入部できるそうです。

綺麗な色をしたフェルトのボールや組ひもでつくられたネックレスやピアス、そして手芸を楽しむお母さんや子供たちも紹介されていました。

他にもボリューム満点のカレー屋さん、かわいい焼き物工房なども掲載されています。

500円で販売してますのでぜひ手にとって見てみてください!

別府への誘い

Posted on | 8月 29, 2012 | No Comments

別府の旅手帳、届きました。

 

 

これはもう。。。

 

 

誘われています。。。

 

皆さん。

 

別府、行きませんか??

 

FREEの雑誌です。

 

沢山置いています!!!

 

一冊いかがですか?

 

 

小屋

Posted on | 5月 10, 2012 | No Comments

小屋の

20120510-164107.jpg

小屋の力

20120510-164055.jpg

20120510-164209.jpg

20120510-164237.jpg

20120510-164248.jpg
我が家の

20120510-164302.jpg
バスタブ

20120510-164317.jpg
小屋とハイウェイ

20120510-164409.jpg
西原理恵子

20120510-171003.jpg

20120510-172813.jpg

実家が農家なので、悪さをすると閉じ込められた小屋。

近所にあった「チンタオ」とダイイングメッセージ風に殴り書きされた小屋。

秘密基地。

小屋。

約500pまるごと小屋。

あらゆる角度から小屋の魅力に迫ってます。

20120510-164441.jpg

20120510-231731.jpg

beppu

Posted on | 3月 28, 2012 | No Comments

20120327-223424.jpg

旅手帖beppu。
を読んでみた。

20120327-223440.jpg

いいなあ。温泉。
儲かってなさそうなところがいいなあ。
そんな写真がちらほら。

20120327-223453.jpg

行きたい。

web

http://beppu.asia/

鰮のとむらいするだろう

Posted on | 2月 21, 2012 | No Comments

こんにちは!

いまさかです。昨日はガバガバヘイはお休みだったので三越ギャラリー金子みすゞ展へ。

みすゞ好きの人に誘われて行ったので色々教えてもらいました。

展示してあった詩のひとつに「大漁」というのがあって胸に響きました。

 

 

大漁

 

朝焼け小焼けだ

大漁だ

大羽鰮の大漁だ

 

浜は祭りのようだけど

 

海の底では何万の

鰮(いわし)のとむらい

するだろう

 

 

ストレートで、鈍い僕にも説明不要で刺さりました。

 

他にも原文や恋人とやり取りした手紙などありおもしろかったですよ!

もうすぐ終わるので興味のある方は行かれてみてください。

 

金子みすゞ展の次は美空ひばり展です。(こちらも楽しみです。)

こちらは招待券がグラム、ガバガバヘイにありますので

行きたい方、どうぞ貰ってください!

 

« go backkeep looking »
  • カテゴリー

  • アーカイブ